*

わくわく企画
WakuWaku Project

暮らしをエンジョイできるオススメ企画をご紹介

親子でわくわく

【沢庵漬】 #ちょっとTAKUAN漬けてみた

2017.12.19

漬物の代名詞 甘くてパリパリ食感の “たくあん”
それが名人の「沢庵漬」にも勝るとも劣らない味に
初めての方にピッタリ 簡単でお手軽おしゃれ風
今こそSNSで驚かせよう! レトロが逆に新感覚
ハッシュタグは #ちょっとTAKUAN漬けてみた

taku_top

チャレンジ内容:かんたん沢庵 6本漬け
[作業時間]:生大根使用=40分×2日、干し大根使用=30分×1日
[漬け上がり]:生大根使用=2週間後、干し大根使用=1ヶ月後

・初めての方はお手軽な「生大根 6本(約6kg)」でチャレンジしましょう
・大根の量を変える場合は、量に比例させて本品と重石の量を調整します
・生大根の代わりに干し大根を使われる場合は「1.下漬」を省略できます

 

【0.準備する】
さあ、始めよう!

・準備するもの
① 本品(かんたん沢庵漬ぬか)…1袋(使用する量は半分)
② 生大根…6本(6kgに足りない場合は本数を増やす)
③ 漬物容器
④ 重石…15kg程度(水を入れたペットボトルなどでも代用可)
⑤ 漬物用ポリ袋…2枚
※ 漬ける大根の量(②)を変える場合は、量に比例させて本品(①)と重石の量(④)を調整します。


・本品を開封し別袋「沢庵漬の素」を取り出します
※「沢庵漬けの素」は【2.本漬】で利用するので無くさずに保管しましょう


・漬物容器に漬物用ポリ袋をかぶせれば準備OK

Q:新鮮な大根をお得に手に入れる方法を教えて?
A:大根を自分の畑で育てているなら収穫するのが一番。購入なら地元の野菜を扱う産直(直売所)がおすすめです。産直について知りたいなら全国の産直情報サイト「産直ごーごー」でチェックしよう!

選択肢:さあここで、あなたはどっち派?

【1.下漬をする】
Q:そもそも下漬ってなぜ必要なの?
A:下漬の最大の目的は、「生大根」から余分な水分を取り除いて食感をUPさせることです。よって、あらかじめ水分を飛ばした「干し大根」を使用するときは必要ないのが分かりますね~納得♪

・本品から「ぬか250g(約1/4袋分)」をボールに取り分けます


・よく洗った大根を4分割程度にカットします


・カットした大根を隙間なく漬物容器に敷き詰めては…


・ボールに取り分けた「ぬか」を適量ふりかける


・この「大根を敷いては、ぬかをふりかける」という作業を繰り返し、層を作っていきます


・落とし蓋の上から重石を乗せて、ポリ袋を閉じたら下漬作業の終了です!

・・・この状態で3日間ほど漬けます・・・


・3日後にこれくらい水があがっていれば十分です。「2.本漬」に移りましょう

Q:水があがらない or あがりが少ない場合は?
A:この段階で水があがらない理由のほとんどは重石が軽いことが考えられます。重石を増やしてもう1~3日漬け込みましょう。

Q:漬け込み方がどうも上手くイメージできません…HELP…
A:漬け込みの連続写真を10秒動画でご紹介します。これで雰囲気や流れを掴みましょう。

【2.本漬をする】
Q:本漬なら知ってる! 「本に挟んで漬ける」んでしょ?
A:そうそう広辞苑がおすすめ…って、惜しいっ!それは押し花。本漬は「本当に漬けるぞ」ってことです、大体ね。たくあん独特の深みのある甘みや風味をつけていく最終段階です。

・本品から「ぬか250g(約1/4袋分)」と「沢庵漬の素 1/2袋」をボールに取り、よく混ぜ合わせます


・新しいポリ袋を漬物容器にかぶせ、下漬の終わった大根の水気を切り、下漬のときと同様に一段ずつ敷き詰めながら沢庵漬の素を混ぜたぬかをふりかけていきます


・下漬の大根はわざわざ洗う必要はありません。また結局ぬかまみれになりますので…
・最後にしっかりと重石を乗せたら本漬作業は終了です

・・・この状態で2週間程度(干し大根の場合は1ヶ月程度)漬け込んで行きます・・・

[本漬 4日目]

・まだまだ水があがってきますが、この水は捨てなくてOK
・水に浸かった状態を保つことで、変色やカビの発生を防ぎます

[本漬 7日目]

・あと少しです。もちろん召し上がっても問題はありません

[本漬 14日目-完成]

・お待たせしました!食べられる分ずつ取り出して、軽く水洗いしたあと適当なサイズに切ってお召し上がりください
・漬けている状態のままであれば3ヶ月程度は十分保存できます

【3.さあ実食しよう】
Q:たくあんのおいしくオシャレな食べ方を教えて!
A:よくぞここまで頑張りました! いいでしょう。それでは下に一例をご紹介します。

① まずはやっぱりこれ
[そのまま]


・やはり始めは外せない。そのまま食す。いかがですか、ご自身で漬けられた「たくあん漬」は? その味こそがあなたの家の「家庭の味」です。これから毎日の食卓にぜひ並べてください

② ガッツリ食べたいお父さん向け
[たくあん炒飯]


・たくあんのパリパリ食感が妙にマッチ。たくあんの塩味を感じられるので、炒飯は減塩してもOKです。

③ 朝食はパン派という息子さん向け
[たくポテサラダ]


・ポテトサラダにたくあんを加えてパンに挟めば、たくポテサラダパン!ポテトサラダはコンピになどで売られているものでOK。

④ インスタ映えこそ命の娘さん向け
[クリームチーズ&TAKUANディップ]


・たくあんがダサい?…じゃあ “たくあん” じゃなくて “TAKUAN” と表してはいかがでしょう。なんかエグザイルのメンバーっぽくてかっこいいでしょ?笑

・ ・ ・ ・ ・

〈おわりに〉
今年はあなたも「沢庵漬け」しませんか?
「簡単」「おしゃれ」「インスタ映え」を合言葉に。SNSにUPするときはこんなハッシュタグで。
#ちょっとTAKUAN漬けてみた
あなたのTAKUAN & たくあんレシピ、ぜひぜひ投稿してください。

※使用した「かんたん沢庵漬ぬか」はこちら

わくわく企画一覧へ戻る

Page Top