*

商品紹介
All Items

新鮮野菜や果物をおいしく食べる商品をご案内します。

竹の子あくぬき

【これがおすすめ】

竹の子のえぐ味を取る

竹の子のあく抜きは、米ぬかが使えます。また本品に含まれる唐辛子には、えぐみを和らげる効果が期待できます。

《関連わくわく企画》

竹の子あく抜き「米ぬか」VS「重曹」

商品を使った調理例やレシピのご紹介

収穫後、時間が経つとえぐみが強くなるため、できる限り新鮮なたけのこをお召し上がりください。
あく抜き後は皮をむいてよく洗った後、冷水に浸して冷蔵庫に保存します。

よくいただくご質問をまとめました。

Q:

たけのこあく抜きの代わりに「いりぬか」を利用してあく抜きはできますか?

A:

利用できます。「たけのこあく抜き」と「いりぬか」は同じものですので、同じ使い方でご利用ください。

Q:

たけのこあく抜きの代わりに「タンサン」を利用してあく抜きはできますか?

A:

たけのこはタンサンを利用してもあく抜き可能です。タンサンを使用すると竹の子の繊維が柔らかくなり、内部に含まれるあくを出しやすくする効果があります。しかし同時に竹の子本体も柔らかくなるため、長時間あく抜きをすると食感が失われる可能性があります。タンサンを使用する場合は、使用量やあく抜きの時間には注意してください。
目安としては、水1リットルにタンサン小さじ1杯 - 30分弱火で茹でて、竹串が通ればそのまま冷めるまで置きますが、たけのこの大きさによって調整してください。

Q:

結局のところ、たけのこのあく抜きには「米ぬか」と「重曹(タンサン)」どちらが適しているのですか?

A:

弊社で行った比較実験は、わくわく企画の
【 竹の子のあく抜きを「ぬか」と「重曹」で比較してみた】で詳しく見られます。
まとめると
 味・風味 ◎米ぬか vs 重曹△
 見た目  ◎米ぬか vs 重曹△
 手間   △米ぬか vs 重曹◎
実験ではこのような結果が出ました。状況に応じて使い分けてください。

商品情報

【商品名】竹の子あくぬき
• 名 称 :いりぬか
• 原材料名:米ぬか、唐がらし、昆布
• 内容量 :50g
• 賞味期限:製造日より1年間
• 保存方法:直射日光、高温多湿を避けて常温で保存
• 製造者 :ニチノウ食品株式会社
      長野県上伊那郡箕輪町中箕輪9382
• 製造所 :中曽根工場
      長野県上伊那郡箕輪町中曽根397-1
【栄養成分表示(一袋50gあたり)】
• エネルギー:212 kcal
• たんぱく質:7.0 g
• 脂 質  :9.1 g
• 炭水化物 :25.6 g
• 食塩相当量:0.0 g
【アレルゲン情報】
本品に含まれているアレルギー物質:なし
(特定原材料およびそれに準ずるものを表示)
Page Top