*

わくわく企画
WakuWaku Project

暮らしをエンジョイできるオススメ企画をご紹介

アレンジでわくわく

【焼みょうばん】 手作りデオドラントスプレーで嫌な臭いもシャットアウト!

2016.11.11

【みょうばんで作るデオドラントスプレー】

使う材料:焼みょうばん
みょうばんから水分を飛ばしたものが焼みょうばんです。デオドラントスプレーを作るにあたってみょうばん、焼みょうばんのどちらを用いても効果は全く変わりません。

①焼みょうばん1袋(30g)を水(水道水)約500~1000mlに溶かし、デオドラントスプレーの原液とします。
※ペットボトルを使用すると作るにも保管するにも便利です。
※はじめは溶けにくくみょうばんが浮いた状態となりますが、1~3日程度で溶けて完全に透明の溶液になります。

②原液を水道水で10倍程度に薄めて使用します。
※例として、原液50ml+水道水450ml=デオドラント溶液500mlとなります。
※清潔に保ち冷蔵庫に保管すれば2週間程度は使用できますが、早めに使い切って常に新しいものを利用することをお勧めします。

〈みょうばんスプレーの効果の仕組み〉
みょうばんスプレーによるデオドラントの仕組みは、雑菌の繁殖抑制作用収れん作用中和作用によるものです。
1.雑菌の繁殖抑制作用
みょうばん水に含まれる金属イオンが雑菌の繁殖を抑制します。
2.収れん作用
みょうばんの収れん作用には毛穴などを引き締める効果があります。
3.中和作用
みょうばん水は弱酸性のため酸性のにおいの素を中和することで相殺します。

〈みょうばんスプレーを使用するにあたっての注意
みょうばんは料理の際に“なすの色をきれいに保つ”や“ウニの身崩れを防ぐ”など食品添加物として利用されておりますので、基本的にデオドラントスプレーとして人体に適度に噴霧する程度では悪影響は発生しないと言われています。しかし過度な使用、子供への使用、また肌に異常がある状態での使用などには注意を払い、専門家に相談された上でご使用されることをお勧めします。

わくわく企画一覧へ戻る

Page Top