*

わくわく企画
WakuWaku Project

暮らしをエンジョイできるオススメ企画をご紹介

親子でわくわく

【たかな漬】 “かんたん たかな漬の素” を使って高菜漬にチャレンジ

2017.02.27

【とっても簡単 “かんたん たかな漬の素” を使った 高菜の漬け方】

そのまま食べてもアレンジ料理に使ってもOK!
これがあると料理のレパートリーが増える高菜漬。

今年チャレンジしてみませんか。

〈用意するもの〉
・高菜…2kg
かんたん たかな漬の素…1袋(100g)
・水…250cc
・漬物用樽(容器)
・ポリ袋(漬物用樽が入るくらいの大きさ)
・押しぶた
・重石…3~4kg位

 

1-洗う

【手順1:水洗い】
高菜を水(または ぬるま湯)でよく洗いましょう。

【手順2:素をふりかける】
漬物用樽の中にポリ袋をかぶせます。そこへ水(250cc)を入れて、洗い終わった高菜を並べながら一段ごとに“かんたん たかな漬の素”をふりかけていきます。
※素が全体に行き渡るようにしましょう。

【手順3:重石を乗せる】
ポリ袋の中に押しぶたを落として袋の口を閉じます。その上に重石を乗せて冷暗所で保管します。
※押しぶたは使用する前によく洗ってください。

【手順4:状態を確認】
写真左下のように水が上がってきます。その後は重石を半分くらいの重さにします。

[ちょっと休憩] ところで、どうして高菜からこんなにたくさん水が出てきたのかな…?

黒板-4

5-完成

【完成】
漬けて1週間くらいから食べられます。そのままで食べるのはもちろん、いろいろなアレンジレシピに挑戦してください。

・・・

6-乳酸発酵が進む

【ちなみに】
2週間以上漬け込むと乳酸発酵が進み、写真のような色になることもあります。酸味が強くなりますが、品質には問題ありません。味わい深い一品となります。

 

〈ワンポイントアドバイス〉
たかな漬はアレンジレシピに使われてこそ本領発揮する漬物です。HPでは「高菜炒飯」「高菜ペペロンチーノ」「高菜そぼろ丼」「高菜の炒め物」を紹介しますが、他にもとんこつラーメンのトッピングやめはり寿司などに使われることでも知られています。漬けられた皆さまはぜひ、あなたのオリジナルアレンジレシピを考えてみてください。そこにはきっとわくわくが待っていますよ。素敵なアレンジレシピができたらご紹介いただけると嬉しいです。
※使用した かんたん たかな漬の素 はこちら

わくわく企画一覧へ戻る

Page Top